人材育成の新しい手法|経営戦略に役立つクラウド会計の使い方|効率化が望めるシステム

人材育成の新しい手法

女性

人事情報の一元管理と育成

企業は常に競争原理の中で厳しい戦いを強いられており、同業他社との競争を勝ち抜かなければ成長を続けていくことができません。業界内部で繰り広げられる競争に生き残るためにも、企業ではそれぞれの役割を果たすべき人材を自社で育成していくことが必要です。優秀な人材の育成に成功した企業ほど競争力を獲得し、海外市場でも有利なポジションを占めているのです。従来の人材育成は各部署の後継者を確保するといった視点で捉えられがちでしたが、現在ではより戦略的な人材育成へと時代の潮流が移り変わりつつあります。タレントマネジメントと呼ばれる考え方もそうした潮流の中で注目を集めるようになっており、実際にシステムとして取り入れている企業も増加中です。ITベンダーからはタレントマネジメント実践に役立つITソリューションも多く製品化されています。このようなタレントマネジメントシステムでは、年齢・学歴・職歴といった社員のキャリア情報からスキルに関する情報まで含めた人事データを一元管理します。それらの人事データを社員の採用・配置・研修・評価に有効活用し、効率的かつ戦略的な人材育成へと役立てるのがタレントマネジメントシステムです。

長期的視点による人材育成

こうしたタレントマネジメントは必ずしもITシステムに頼らなくても、経営層の裁量で実践できるようにも考えられがちです。事実そのようなITソリューションが開発される以前は、多くの企業が自前のタレントマネジメントを実施していたとも言えます。その場合は人材育成に対する経営層の考え方に結果が大きく左右され、高度な育成ノウハウを持つ企業ほど有利となるのは否定できません。IT技術を利用したタレントマネジメントシステムでは、そうした育成ノウハウの有無に関わらずどの企業でも実践できる点に大きな特徴があります。人材開発の理論に基いて開発されたタレントマネジメントシステムを導入することで、長期的視点に基づく人材育成がどの企業でも可能になるのです。人材育成には一定の時間とコストを要するのが普通ですが、タレントマネジメントシステムを利用することで時間もコストも縮小できます。企業の持つ人的資産は限られていますが、適切な人材育成を経て適材適所の人員配置を実施すれば有限の人的資産も最大限に活用されていきます。そのための手法としてタレントマネジメントシステムを導入した企業は、競争を勝ち抜く基礎体力を蓄えているのです。