従業員と信頼関係を築く|経営戦略に役立つクラウド会計の使い方|効率化が望めるシステム

従業員と信頼関係を築く

計算

守らなければならない事

会社が発展していく為には、従業員と信頼関係を築くことが重要です。従業員は会社の貴重な経営資源であるため、従業員にそっぽを向かれてしまっては経営が立ち行かなくなるからです。信頼関係を築くためには従業員に対し、労働の対価である給与をきちんと支払うことが必要不可欠です。給与をきちんと支払うということは、単に支払日に間に合わせるだけでなく、残業や休日出勤分の手当を加算し、社会保険料や源泉所得税、そして住民税を正確に控除して、正しい額を計算して支払うということです。しかし、多くの会社では給与計算に人員をかけられず、困っているのが現状です。給与を正確に計算し、会社の事務負担を減らすには、給与計算代行業者に委託するのが一番良い方法です。

委託先の選定

かつては、会計事務所や社労士事務所が顧問契約業務の一環として給与計算代行をすることが一般的でしたが、今では給与計算をはじめとした総務業務全般のアウトソーシング会社が受託するケースが増えてきました。このようなアウトソーシング会社に給与計算代行を依頼するメリットは、給与計算に付随する業務も併せて行ってくれるところにあります。給与明細の配布、年末調整書類の配布及び回収、給与に関する従業員からの問い合わせ対応といった作業は会社にとって負担のかかるものであるため、アウトソーシング会社がそれらを代行することで大幅な負担軽減になります。また、アウトソーシング会社は給与計算代行だけでなく、給与計算と密接に関係している社会保険事務も代行していることが多く、トータル的な総務サポートを展開しています。